2020/02/21
確定申告が必要な方/大阪で会社設立をお考えなら杉本会計事務所
今回 初めて確定申告される方へ、確定申告が必要な方をご紹介します。
所得税及び復興特別所得税の確定申告は、毎年1月1日からの1年間に生じた全ての所得の金額とそれに対する所得税及び復興特別所得税の額を計算し、確定申告書を行い、過不足を精算する手続です。

所得税等の確定申告をする必要がある方は次のような方です。

1. 給与所得がある方
その中でも、給与の年間収入金額が2,000万円を超える方
2. 公的年金等に係る雑所得のみの方
公的年金等に係る雑所得の金額から所得控除を差し引いた結果、残額がある方は、確定申告が必要です。
3. 退職所得がある方
外国企業から受け取った退職金など、源泉徴収されないものがある方は、確定申告書の提出が必要です。
4. 1~3以外の方で、各種の所得の合計額(譲渡所得や山林所得を含む。)から所得控除を差し引き、その金額(課税される所得金額)に所得税の税率を乗じて計算した所得税額から配当控除額を差し引いた結果、残額のある方は、確定申告書の提出が必要です。

ただし、上記に当てはまる方であっても、申告をしなくても良い場合、有利不利判定を確認し最適な申告方法がある場合など、その人の所得の受け取り方によって様々ですので、お気軽にご相談ください。



大阪の会社設立なら杉本会計事務所
大阪の記帳代行なら杉本会計事務所
大阪の経営計画作成なら杉本会計事務所
大阪の公益法人・社会福祉法人会計なら杉本会計事務所
大阪の税務顧問なら杉本会計事務所
事業承継支援のご相談は大阪の税理士 杉本会計事務所
経営業務改善のご相談は大阪の税理士 杉本会計事務所
株価評価のご相談は 大阪の税理士 杉本会計事務所
リスクマネジメントのご相談は大阪の税理士 杉本会計事務所
相続税の申告なら 大阪の税理士 杉本会計事務所
生前対策のご相談は大阪の税理士 杉本会計事務所

前へ

次へ

sss