2019/02/19
事業所得者の確定申告/大阪の会社設立なら杉本会計事務所

確定申告とは、その年の1月1日~12月31日(1年間)に得た所得を計算し、翌年の2月16日〜3月15日の間に、所得税や住民税などの税金の納税額を確定する手続きのことです(※土・日・祝日等の場合はその翌日が受付開始日または期限日となり、今年は2月18日~3月15日となります)。
個人事業者にとって確定申告は集める書類も多く準備することが多くあります。
毎年早い目に用意をしておこうと考えていても、いざ直前になって慌ててしまうもののようです。
先ずは必要書類を集めて下さい。

①事業収入に係る請求書・領収書やレシート
一年分の領収書となると膨大な量になります。紛失や、レシートなどは印字が見えにくくなっているものもよくあります。できるなら月別に分けてノートなどに添付されているのがベストですが、この時期になるとさすがに1年分を処理することは難しいです。そこで当社では、領収書を丸投げでお預かりして確定申告をさせて頂くサービスを提供していますのでお気軽にお問合せください。

②確定申告書、青色申告決算書、収支内訳書
手書きの場合は税務署で書類をもらうことができます。

③事業収入以外の収入を証明する資料(給与の源泉徴収票、年金の源泉徴収票)
各事業所、行政から送られてきます。手元になければ再発行をしてもらいましょう。

④控除を受けるための各種証明書(生命保険控除証明書、居医療費の領収書、国民年金控除証明書など)
保険会社、行政から送られてきます。手元になければ再発行をしてもらいましょう。
医療費の領収書ですが原本が必要です。病院によっては1年分を1枚の領収書で出してくれるところもあります。
医療機関や行政から送られてくる「医療費のお知らせ」を領収書代わりに使用することも可能です。

確定申告でお困りでしたら大阪の税理士 杉本会計事務所にお気軽にご相談ください


確定申告のご相談は、大阪の税理士 杉本会計事務所の無料相談をご利用ください。



大阪の会社設立なら杉本会計事務所
大阪の記帳代行なら杉本会計事務所
大阪の経営計画作成なら杉本会計事務所
大阪の公益法人・社会福祉法人会計なら杉本会計事務所
大阪の税務顧問なら杉本会計事務所
事業承継支援のご相談は大阪の税理士 杉本会計事務所
経営業務改善のご相談は大阪の税理士 杉本会計事務所
株価評価のご相談は 大阪の税理士 杉本会計事務所
リスクマネジメントのご相談は大阪の税理士 杉本会計事務所
相続税の申告なら 大阪の税理士 杉本会計事務所
生前対策のご相談は大阪の税理士 杉本会計事務所

前へ

次へ

sss