2017/08/16
取引金融機関の決め方/大阪の会社設立は大阪PROSへ

法人成りの場合、個人事業時代から取引のある金融機関があるなら、メインバンクをその金融機関にすることをお勧めします。なじみの担当者がいなくても取引の実績があるだけでもプラス材料になります。
 あとはサービスの善し悪しや自分の会社にあったサービスが提供されているかがなどですが、基準として次のような項目をチェックしながら慎重に判断します。

① 利便性から検討してみよう
 つきあいのある金融機関がなければ、とりあえず近くの金融機関に開設するのも1つの方法です。日々の入出金を頻繁に行う場合、距離的な問題で支店や提携ATMが近くにあるとやはり便利です。

② ネットバイキングサービスがあるか確認してみよう
 ネットバンクの利便性は、わざわざ店舗に行く必要がないところ、手数料が安いところにありますが、都市銀行や地方銀行にも同様のネットバンキングというサービスがあります。
ネットバンキングのサービスを利用した振込手数料が1ヶ月に何回まで無料で、有料だといくらかかるかも、金融機関を比較する際の重要なポイントになります。

③ サービス面から検討してみよう
 担当者が会社にまめに来てくれ、きめ細やかなサービスをしてくれるか、いざ困ったときに親身に相談にのってくれるかという点では、都市銀行より信用金庫、信用組合です。創業時には創業者にも親身になって相談に乗ってくれやすい信用金庫とのおつきあいをはじめてみることをお勧めします。

④ 管理面から検討してみよう
 取引金融機関の数については、少ない方が管理しやすいため、はじめのうちは1行で十分です。創業当初は経理スタッフがいない場合も多いでしょうし、複数の金融機関を管理するのは大変です。売上の入金も支払の出金もすべて同じ口座にしてしまえば、預金残高が分かりやすく、資金繰りの面でも予想を立てやすいというメリットもあります。

前へ

次へ

sss