2019/02/25
確定申告で住宅ローン控除/大阪の会社設立なら杉本会計事務所

住宅の購入は人生最大の夢であり買い物です。
大きな金額が必要で多額の住宅ローンを組んで家を建てる人が多いです。
確定申告で住宅ローン控除が受けられ節税になるのですがどのような手続きをすればいいのかを考えます。
住宅ローン控除正しくは住宅借入金特別控除とは、住宅ローンを利用してマイホームの新築、取得又は増改築した場合に受けられる控除です。
住宅控除を受けるためには要件がいくつかあります。
①新築又は取得の日から6か月以内に居住を開始しなくてはいけない。住民票によって確認します
②控除を受ける年の合計所得金額が3千万円以下でなければならない
③10年以上の分割返済であること
住宅ローンを借りると、10年もの間、年末ローン残高の1%が所得税から控除され、確定申告で戻ってくるのが「住宅ローン控除(住宅ローン減税)」。
でも、同じ金額のローンを借りても、実際に戻ってくる金額は人によって違う。

サラリーマンなどはその年の所得税が勤務先から納税されているので、納めすぎたことになる分を確定申告で還付してもらうことができる。あくまで初年度のみ、確定申告が必要になり、2年目以降は会社の年末調整で控除することが可能です。
還付される金額は、借入額や納税額、購入する住宅の仕様などで控除額は違ってくるので、ローン控除を希望される方はお気軽にお問い合わせください。
大阪の税理士 杉本会計事務所にお気軽にご相談ください。


確定申告のご相談は、大阪の税理士 杉本会計事務所の無料相談をご利用ください。



大阪の会社設立なら杉本会計事務所
大阪の記帳代行なら杉本会計事務所
大阪の経営計画作成なら杉本会計事務所
大阪の公益法人・社会福祉法人会計なら杉本会計事務所
大阪の税務顧問なら杉本会計事務所
事業承継支援のご相談は大阪の税理士 杉本会計事務所
経営業務改善のご相談は大阪の税理士 杉本会計事務所
株価評価のご相談は 大阪の税理士 杉本会計事務所
リスクマネジメントのご相談は大阪の税理士 杉本会計事務所
相続税の申告なら 大阪の税理士 杉本会計事務所
生前対策のご相談は大阪の税理士 杉本会計事務所

前へ

次へ

sss