2016/03/08
【仕送りをしている子どもは同居しなくても扶養控除の対象となります】/大阪の会社設立は大阪PROSへ
地方にいる親から、学資金や仕送りをもらっている子どもは、親から見れば同一生計の子となります。
また、施設に入所している父母の療養費を子が負担しているケ-スでは、子から見て親が同一生計といえます。
なお年齢19歳以上23歳未満の人を特定扶養親族、年齢70歳以上の人を老人扶養親族といい、それぞれ控除額63万円、48万円に上がっています。学費がかさむ年代、医療費や日常の世話が大変になる世代は税制上も配慮されていると考えればいいでしょう。
http://www.sugimotokaikei.com/

前へ

次へ

sss