2019/03/01
ビジネスを考えている方の銀行の選び方/大阪の会社設立なら大阪PROSへ

銀行と一口に言っても、「都市銀行」「地方銀行」「ネット銀行」「信用金庫」など様々です。
法人成の場合、個人事業時代から取引のある金融機関があるなら、メインバンクはその金融機関にします。取引実績がプラス材料になり、より親身に相談にのってくれます。
ビジネスをしていると「融資」という形でお金を借りる局面があります。そのときに銀行は融資をするか、しないか、また金利をどのように設定するのかと、貴方を「審査」するわけです。
そんなとき、長年の付き合いがものをいいます。良好な取引関係を継続していたら有利です。
例えば、毎月の定期積立金(少額でよいです)を続けておくことや、定期預金をしておくことも長年にわたる信用になります。そういう取引実績を作っておけば、「融資」が必要になったときに協力的になってくれます。
銀行というと「都市銀行」というイメージを持つ方が多いかもしれないですが、中小企業の場合は「信用金庫」や「地方銀行」などのほうが取引しやすいという点があります。毎月担当者が訪ねてくれるような取引の仕方が、信用を積み重ねる上では効果的です。法人成を考えておられる経営者様には、メインバンクは地域密着の銀行を選択しておくことをお勧めいたします。




大阪の会社設立なら杉本会計事務所
大阪の記帳代行なら杉本会計事務所
大阪の経営計画作成なら杉本会計事務所
大阪の公益法人・社会福祉法人会計なら杉本会計事務所
大阪の税務顧問なら杉本会計事務所
事業承継支援のご相談は大阪の税理士 杉本会計事務所
経営業務改善のご相談は大阪の税理士 杉本会計事務所
株価評価のご相談は 大阪の税理士 杉本会計事務所
リスクマネジメントのご相談は大阪の税理士 杉本会計事務所
相続税の申告なら 大阪の税理士 杉本会計事務所
生前対策のご相談は大阪の税理士 杉本会計事務所

前へ

次へ

sss