2017/02/20
個人事業者の確定申告/大阪の会社設立なら大阪プロズ

個人事業者やフリ-ランスが確定申告する場合は事業の一年間の収入や仕入を確認できる書類や経費として申告するために必要な書類及び領収書が必要です。
例えば、現金出納帳、預金帳、記帳していない場合は売上入金の預金口座の通帳、受領書や明細書、領収書などです。
これらの書類から昨年1年間分の集計をして、決算書・確定申告書を作成します。
提出する税務署は自分の住んでいる地域または事業をしている地域を管轄している税務署になります。(事業開始届出書を提出していたら、届出書を出しているところになります)
確定申告についてのご質問は無料で対応しております。
お気軽に大阪の税理士 杉本会計事務所にご相談下さい。


前へ

次へ

sss