2019/12/17
相続が発生したら早めの相談を/大阪で整理士をお探しなら杉本会計事務所
相続が発生した時、期限が設定されている遺産相続の手続きには十分に注意が必要になります。はじめての経験がほとんどであるにもかかわらず、期限を少しでも過ぎてしまうと手続きが出来なくなってしまうものもあります。
遺産相続の手続きには、期限が設定されているものが多数あります。たとえば、相続人が相続放棄や限定承認を選択したいとする場合には、相続の開始(被相続人の死亡)を知った日から3ヵ月以内に手続きしなければなりません。遺産の取り扱いを決定する上で重要な判断であるにも関わらず、期限が短いため注意が必要です。
その他にも、遺産相続に関する所得税の手続き(準確定申告)は4ヵ月以内、相続税の申告は10ヵ月以内、さらに遺留分侵害額請求権は1年以内等々、それぞれに期限が設けられています。

期限ではない注意点として
金融機関に被相続人の死亡を届け出ると、葬儀費用や生活費などは原則として相続手続きが終わるまで口座が凍結され入出金ができなくなります。
被相続人が所有していた不動産を相続したときは、法務局で相続登記をします。相続登記に期限はありませんが、相続登記をしなければ不動産は相続人全員で共有している状態となります。

このように相続には、見落としてはならないポイントがたくさんあります。
一段落して後から気づくことも少なくありません。
早めにお近くの専門家杉本会計事務所にお気軽にご相談ください。



大阪の会社設立なら杉本会計事務所
大阪の記帳代行なら杉本会計事務所
大阪の経営計画作成なら杉本会計事務所
大阪の公益法人・社会福祉法人会計なら杉本会計事務所
大阪の税務顧問なら杉本会計事務所
事業承継支援のご相談は大阪の税理士 杉本会計事務所
経営業務改善のご相談は大阪の税理士 杉本会計事務所
株価評価のご相談は 大阪の税理士 杉本会計事務所
リスクマネジメントのご相談は大阪の税理士 杉本会計事務所
相続税の申告なら 大阪の税理士 杉本会計事務所
生前対策のご相談は大阪の税理士 杉本会計事務所

前へ

次へ

sss