2017/11/10
社員に支給の制服等の非課税条件/大阪の会社設立なら大阪プロス

会社が支給する従業員の業服や事務服、制服等を支給しているケースですが、支給条件等を誤ると課税されてしまう恐れがあります。使用者が、その職務の性質上制服を従業員に対して、支給することは所得税法上、非課税所得とされており、専ら勤務場所のみで着用する作業服や事務服等についての取り扱いになっています。
しかし、この場合において非課税とされるのは、専ら勤務場所において着用する事務服等の「現物」による支給です。勤務場所以外でも着用できる私服の支給や、制服手当てのように現金で支給される場合には給与として課税されることになります。
例えば、私服として着用できるスーツを制服として支給した場合は、所得税法上非課税とされる制服等には当たらないことから、給与等として源泉徴収する必要がある。
税務上、事務服・作業服等の支給が非課税とされる要件は、(1)専ら勤務する場所において通常の職務を行う上で着用するもので、私用には着用しない又は着用できないこと、(2)その職場に属する者の全員又は一定の仕事に従事する者の全員を支給の対象とすること、(更に厳格にいえば、それを着用する者がそれにより一見して特定の職員又は特定雇用主の従業員であることが判別できるものであること)が必要とされています。
お問い合わせは大阪の税理士 杉本会計事務所までお気軽にして下さい。




前へ

sss